メニュー

教室

注意すべきこととは

観覧席を設置するときは安全性と見やすさに注意して選びましょう。古いものを使うときも劣化していないか確認しましょう。見やすさは客層やイベントの性質により立ち見席か座り席か考えて選ぶとよいでしょう。子供や高齢者が多いときも注意が必要です。

土のう

浸水を防ぐのに使います

水害を大きくしないためにも土のうを用意しておき、迅速に使えるようにしておきます。土のう置き場を住民に伝えておき、いつでも使えるように防災訓練などで使い方を教えておくようにしてください。今では土を入れない新タイプの土のうもあり、運搬が簡単で保管場所も広くなくてよい利点があります。

作業員

費用を比べてみよう

観覧席を設置するには屋外と室内とで違ってきます。またイベント内容などによっても異なるので、専門業者への依頼も違ってくることでしょう。まず、座席の種類をチェックします。そして費用も比較した上で選びましょう。

工事現場

サイズなどの特徴

土のうは縦62cm、横48cmの水や紫外線に強いポリエチレンでできていて、中に7割ほど土を入れると25kg位の重さになります。災害時に一時的に使うのならば安い輸入品でもよいですが、長期間使う場合は丈夫な国産品を使うようにしてください。

教室

専門業者に任せよう

観覧席を設置するには、専門業者に相談することになります。ただし、製造販売会社と設置会社は異なることがあるので、事前に確認しておきましょう。また、用途によって適切な席は異なります。この点も専門業者に相談して決めた方が無難です。

耐久性が重要

土のう袋

選ぶときのポイント

土のうは土を入れて使う袋のことです。土を入れて災害時の土砂流出対策にも使われますし、工事現場で土を運びだすためにも使われます。また、日常的に見ることはあまりありませんが、軍事においての弾除けとして使われることもあります。近年では植生用の土のうというものも登場してきており、中に土と肥料、植物の種を入れておき、災害対策と緑化を兼ねることもあります。土のうを一般家庭や自治体で購入する場合というのは、災害対策が最も多いケースです。災害対策の場合、使うまではずっと倉庫などに保管しておくことになります。そうなると使うまでに長い年月がたち、いざ使うときには劣化して使えないというケースがありえます。使い捨てと考えて買う場合は費用重視で買っても問題ないのですが、そうでなくて保存しておく場合は耐久性も考慮して選びましょう。土のうは値段に比例して耐久性が高くなる傾向にあります。耐久性がないといざというとき使えなくて無駄になることにもなりかねないので、選び方には注意しましょう。近年は吸水させるだけで使えるタイプの土のうも登場しています。吸水させるだけで使え、乾かせば持ち運びも容易な上省スペースになります。何の変哲もない土のうと比べるとかなり割高にはなりますが、その分使い勝手がよいので検討してみてもよいでしょう。すでに自治体によってはこのタイプを中心に取り入れているところも多いです。家庭でも保管しやすくメリットが大きい土のうです。